皐月賞の前日に公開した記事↓
過去の検証が可能に!過去の検証が可能に!
バケモンで皐月賞を検証しよう!


結果はどうだったでしょうか?

皐月賞_レース結果

ご存知の通り、波乱の決着となりました。

前日にアップした、「バケモンで皐月賞を検証しよう!」の記事では、

「今週の日曜日は、雨が少し降りそうな気配が漂っていますが、もし、良馬場となり、先週同様に高速馬場での開催となりそうなら、速度指数などの展開系指数を重視してみてください。」

と書きました。
残念ながら高速の良馬場にはなりませんでしたが、どの馬にとっても力を発揮できないような、苦しい馬場にはならなかったので、ギリギリデータを活かせる状況だったとして、考察して行きたいと思います。

▼2018年皐月賞のバケモンデータグリッド
皐月賞_考察


「皐月賞の前年の結果を踏まえた予想をしましょう、」
というところで、具体的に、
・速度指数
・展開指数
・位置指数
を重視しましょう
、という事でした。

今回の上位入線馬のデータを見てみると、
サンリヴァルの速度指数が◎、位置指数が▲となっていて、エポカドーロの速度指数が△、展開指数が▽と、印がしっかりと回っていました。

総合的に高かったケイティクレバーは残念ながら結果を残すことができませんでした。
これは、少し偏った見方になるかもしれませんが、以下の理由が考えられます。

・血統的ダート適性が低かった
・騎手コース実績が乏しかった
・厩舎や調教といった情報系指数が低かった


これらがその原因かと思われます。

「血統的ダート適性が低かった」
というのは、当日の馬場は、発表こそ稍重(良馬場に近い)でしたが、荒れて重たい状態でした。実際、時計がかかっていました。
すなわち、切れよりもパワー、あるいは、ダート適性が求められたわけです。

サンリヴァルとエポカドーロの2頭においては、「父馬産駒ダ連対率」「母父産駒ダ連対率」において、しっかりと印が回っていました。
この項目が、好走の大きな後押しとなったように思われます。

それら諸々を加味すると、以下のような印に変化させることができたと思います。

▼2018年皐月賞のバケモンデータグリッド(最善)
皐月賞_考察結果


・速度指数
・展開指数
・位置指数
・父馬産駒ダ連対率
・母父産駒ダ連対率

に重視した設定で、バケモンに印を出力させてみました。

◎14番サンリヴァル
○5番キタノコマンドール
▲8番ケイティクレバー
注2番ワグネリアン
△7番エポカドーロ
▽1番タイムフライヤー
☆12番グレイル(激3)

激1 10番ジェネラーレウーノ
激2 9番オウケンムーン


これはあくまでも結果に基づいた理想形です。
ですが、事前に、「皐月賞は位置指数を重視すべきレースなのだ!」ということがわかっていれば、この結果を導くことは不可能ではなかったと思います。

ーーー
今回は、バケモンの新しい使い方として紹介させていただきました。
G1だけではなく、平場のレースにおいても同様です。

G1はレース単体の比較ができますが、平場のレースではそれが難しくなります。
そのときは、バケモンMy軸クリエイターを使います。

BMC_3回京都1週目芝展開指数上位


こちらは、バケモンMy軸クリエイターで以下の設定で出力した結果です。

・3回京都
・1週目(1日目・2日目)
・芝
・展開指数括り

これによって、
展開指数の高い馬の好走している
ことがわかりますね。

以上。