今週はクラシック3冠の第1弾・皐月賞です。その馬券をゲットするために
『馬券モンスター』のデータを『TARGET frontier JV(ターゲット)』を用いて
IDMと展開予想系指数をサクッと分析してみます。

その前に少しだけ、桜花賞の回顧をしてみたいと思います。
分析で重視としたIDM、上り指数、速度指数、展開指数に穴目を狙って
父馬産駒芝連対率と母父馬産駒芝連対率を選択して出た印が以下の通り。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
15桜花賞データ分析回顧3
▲のレッツゴードンキは優勝、◎のクルミナルが2着、激走馬のコンテッサトゥーレが3着
という結果でした。
テン・ペース指数が○◎だったノットフォーマルも馬券圏内には入れませんでしたが
16番人気ながら5着と健闘してましたね。
分析重視で単勝1.6倍のルージュバックの評価を下げた方は馬券をゲットされたのではないでしょうか。

的中された皆様、おめでとうございます!

又、「ユーザー設定画面」で「データ(指数)強度設定」を利用されている皆様は、
もっといい感じの印が出たかも知れませんね。
しかし、データ分析の結果を反映して予想するにしては、設定できる数が3つでは少ないですね。
これからのG1シリーズを戦うために早急に設定数を増やしてもらうようします。
15桜花賞データ分析回顧4

では、皐月賞の分析を始めましょう。

データ説明はコチラ ⇒ データ解説書

《IDM》
11年の東京開催を含め、◎が2勝、2着2回、○が1勝、2着1回、▲が1勝、3着1回と中心視したいデータ。
   ▼▼▼クリックすると拡大します▼▼▼
15皐月賞01

《テン指数》
◎が3着1回、▲が3着1回と軽視してもよさそう。
15皐月賞02

《ペース指数》
◎が2着1回、○が1勝、2着1回と少し気にしたいレベルだが上がり指数と印が被る場合は要注意。
15皐月賞03

《上がり指数》
11年の東京開催を除けば、◎が1勝、2着1回、○が1勝、2着3回と準中心視レベル。
15皐月賞04

《位置指数》
前々で決まった昨年だけ◎が3着、○が1勝と展開が向けばというレベルで基本的には軽視でよさそう。
15皐月賞05

《速度指数》
◎が2着2回、○が2勝、3着1回、▲が1勝と準中心視レベル。
15皐月賞06

《展開指数》
◎が3勝、2着1回、○が1勝、3着1回、▲が2着2回と最重要視したいデータ。
15皐月賞07

まとめとして、各指数の重要度はこんな感じ。
IDM・・・★★★★☆
テン指数・・★☆☆☆☆
ペース指数・★★☆☆☆
上り指数・・★★★☆☆
位置指数・・★☆☆☆☆
速度指数・・★★★☆☆
展開指数・・★★★★★

桜花賞と同様に伸びしろのある3歳ということで父馬産駒芝連対率と母父馬産駒芝連対率は
人気薄がくることがあるのでチェックしておきたい。

《父馬産駒芝連対率》
15皐月賞08

《母父馬産駒芝連対率》
15皐月賞09

『馬券モンスター』のデータを『TARGET frontier JV』(ターゲット)で使用するには
●馬券モンスター
●馬券モンスター データダイレクト